個性あふれるブランドが

Purpose(存在意義)のもとで一つに。

大手小売ブランド8社が Qurate Retail Group℠として一つになるのには理由があります。それは、「何のために(why)」存在するかというPurpose(存在意義)を共有しているからです。

それぞれのブランドが様々な方法で共通のPurpose(存在意義)を体現しています。Purpose(存在意義)を共有することで足並みをそろえ、成功に向かい邁進しています。

PURPOSE (WHY)

PURPOSE (WHY)

勝つためのルーティン。

Qurate Retail Groupの各ブランドはそれぞれ独自の戦略的優先課題を掲げています。Priorities(優先課題)は、厳しく変化の激しい小売業界で、Purpose(存在意義)に沿って勝ち抜くために求められる「具体的なアクション(what)」です。

Priorities(優先課題)はお客様に最も関連する内容を反映し、時間と共に進化していきます。

協働の在り方。

Qurate Retail Groupでは、一人ひとりが行動指針に沿って業務に取り組んでいます。
Principles(行動指針)は、「どのように(how)」考え、行動するかを示しています。

  • 成長を促進する
  • 共感を持って行動する
  • 勇気を持って行動する
  • 未来を受け入れる
  • 正しいことを行う

この行動指針を体現することにより、一人ひとりがビジネスを推進し、成長を加速化させています。

PRINCIPLES (HOW)

PRINCIPLES (HOW)

全員が当事者意識を持って。

成功を測る基準を、Outcomes(成果)と呼んでいます。

私たちのOutcomes(成果)は大胆ですが、達成することは可能です。それに向け、社員一人ひとりが日々、Purpose(存在意義)とPrinciples(行動指針)に沿ってPriorities(優先課題)に取り組んでいくことが必要です。